MENU

葉酸が妊娠初期に必要な理由

妊娠初期というのはたくさんの栄養が必要です。

 

しかし、その中でも葉酸というのは非常に重要な栄養素だとされています。

 

胎児にとって重要な器官が作られる妊娠初期の段階で葉酸が不足すると胎児に先天性異常が見られる可能性が高くなります。

 

では、葉酸が不足をすると胎児にはどういった影響が見られるようになるのでしょうか。

 

まず、葉酸が妊娠初期において不足してしまうと、DNAが間違った遺伝子情報を持った細胞を作り出してしまうことがあります。

 

さらに細胞が正常に修正されなくなってしまいます。

 

その結果、胎児は神経系の病気を発症してしまうリスクが高くなってしまいます。

 

中には、葉酸不足が原因となって胎児が死亡をしてしまう、ということもあります。

 

葉酸が不足することによって胎児に起きている影響の中には、無脳性、ニ脊髄障害のような非常に重要な器官に疾患が見られることが多いです。

 

また、葉酸というのは血管を作り出すという役割もあります。

 

そのため、赤ちゃんの健康的な発育においては欠かせないのです。

 

葉酸不足によって血液の成分が不足をしてしまえば、赤ちゃんにとって必要な栄養素を届けることができなくなってしまいます。

 

そのため、葉酸は胎児にとって非常に重要な役割を果たしている、ということが分かりますよね。

 

妊娠初期の段階では身体に葉酸がしっかりと足りている、という状態にしておくことが理想的です。